<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
地元グルメの会 シャンソニエ
d0037120_11502965.jpg
恒例となりました地元グルメの会。
今回は与野公園前にある白いシャトーの様な佇まいの、レストラン シャンソニエさんにお出掛け致しました。店内はヨーロッパのアンティーク調に統一され、エントランスを入るとグランドピアノがお出迎え。お料理は、正統派フレンチならではの豊かな色彩と上品な味で、おすすめです。  皆様、夏のドレスアップの装おいでゴージャスな雰囲気でのお食事会となりました。
 ちょうど、お誕生日の方がいらして、Happy Birthdayの曲とキャンドルつきのデザートサービスをして頂き、なごやかな、とても楽しい会となりました。


d0037120_12404795.jpg
ここでお客様の「本日のお衣装」のご紹介。

Yさま 舛花色の紗紬地は、ホタルぼかしでとても涼しげ。帯はざっくりとした絽紬地にうっすら山吹ぼかしの秋草が横段に描かれ、やさしい雰囲気にまとまった装いです。
 きちんと計算された、美しい小物づかいも素敵です。
d0037120_12512274.jpg
Kさま たっぷりと萩の柄を総刺繍した半衿がお顔に映えてゴージャス。さらに絽の小紋、帯まで萩づくしのパーフェクトなコーディネイト。 全体をピンクベージュでまとめられた美しいおきもの姿には、ウットリ”””でした。


d0037120_12583654.jpg
Uさま 今日のテーマは、<黒革の手帳>!!! お髪からきもの・帯・お草履まで素晴らしいこだわり。シャリ感のある紗紬地のきものは濃茶地にベージュの水玉が飛んでいてとってもおしゃれ。帯は珍しく、きれいな瓶覗き色地。羅のような変わり織の生地に大きな唐草柄が大胆に描かれ魅せられます。


d0037120_2326381.jpg
Nさま ちょっぴりレトロな雰囲気で、ピンクとグレイの配色がかわいい桃柄の絽小紋。たっぷりとした蘇芳ピンク色の麻の広幅兵児帯を大きな花金魚結びにしてとにかく個性的。まわりの方も楽しい気分!!!



d0037120_23274766.jpg
Mさま 竪絽地を別注で染め上げた黒地の絵羽織。かえでの配色を浅葱色・ひわ茶色・雀茶色・白茶色の夏色でまとめ風の音が聞こえてきそうです。合わせられた白地に波柄の絽小紋には、クールな雪の結晶柄の染帯がスッキリとキレイです。


d0037120_13382985.jpg
ディナーのメニューを少しご紹介いたしましょう。こちらは帆立やエビなど魚貝をコンソメゼリーで固めた「ビックリ玉子」




d0037120_13434065.jpg
冷製とうもろこしのスープ。器がとても涼しげ。このあと、メインの鯛のミルフィーユ仕立て、子羊と続き、デザートまでたっぷり頂き、大満足。


d0037120_1355102.jpg
皆できものを着て、夏の夕べのひとときを満喫いたしました。
[PR]
by kimono_ogawaya | 2005-07-27 17:59
ワインの会 Vol.8  2005.7.9
d0037120_20102737.jpg店主の趣味が高じて始まったワインの会も、数えれば8回目。
きもの屋ですので、皆さまもちろんきものでご来店です。
雨模様の夕方、きものを着て出かけるには、少々抵抗がある方もいらっしゃるでしょうが、当店のお客様はへっちゃらです。
なぜなら、日ごろからどんな天気でもお出かけできるよう準備を万全になさっていらっしゃるからです。
雨ぞうりに雨コート、替え足袋があれば大丈夫。



d0037120_20103752.jpg紫陽花柄を藍の濃淡に染めた綿絽のゆかたに、紺色、麻名古屋帯のUさん。
帯止めはガラスで創られた金魚の模様でとても涼しげ。

一見お召にみえる平絽江戸小紋は、唐桟縞柄。縞の配色は、目にも鮮やかな瑠璃色に花葉色。帯は、渡名喜はるみ作(花稲妻)琉球本紅型名古屋帯のOさん。
帯締めは花柄レースの丸組。帯揚は絽の黒できまり。

花浅葱色に梅鉢唐草模様を白く染め抜いた絹紅梅のきものに、ワイン色の麻兵児帯を花金魚結びに。半襟、帯締、帯揚をワイン色のグラデーションにまとめたNさん。

生成り色、麻地蚊絣のきものに、白地に紫色の板締め絞りを施した、綿素材半巾帯のIさん。
半巾帯をお太鼓風に締めて、大好きな紫色の帯揚げがアクセント。

本塩沢の単衣きものに、先染めして織った八寸名古屋帯のMさん。
生成り色に黒の絣というすっきりとしたきものに、大胆な配色の抽象柄の帯が映えます。

皆さま、ご自身の個性を生かされて、上級者のコーディネイトです。

d0037120_2011669.jpgこの時期なので、今回は白ワイン特集です。
初めは、自然派の作り手のペティヤンから。
のどの渇きを潤すには最高の一杯でしたね。


d0037120_20111634.jpgそして、お客様が持ってきて下さった本日のゲストは木戸泉 古酒五曲。
1年から20年ものまでの五つの年代が楽しめるセットです。
透き通った1年ものから琥珀色の20年ものまで並べるととても綺麗。
香りも味わいもそれぞれ違って、これは貴重な体験でした。


そのあとも、フランスのシャルドネ、アルザスのトカイ・ピノ・グリ、イタリアはフリウリの白と続き、最後は、デザートとソーテルヌ。
この時間だけは、当店が「レストラン おがわ屋」と化します。
手作りの料理やお客様が持ってきて下さったチーズをワインと一緒に楽しみます。
話もはずむ、弾む、はずむ。
きものの話、演劇、絵画、食べ物などなど話題はつきません。
ふと気がつくともうPM.11!
楽しいひとときはあっというまに流れてゆきます。

いつも、おがわ屋ワインの会はこんなふうに過ぎてゆきます。
[PR]
by kimono_ogawaya | 2005-07-13 20:08 | イベントレポート
6月26 日(日) きものdeお出掛けランチ/ニューヨークグリル
d0037120_2032379.jpg 今回は、パークハイアットのメインダイニングニューヨークグリルにお出掛けしました。
6月最後 の週末、お天気にも恵まれ、皆様素敵な単衣のお着物姿でのお食事会となりました。
ランチの内容は、グラスシャンパンで乾杯。前菜は、バイキングで好きなものを頂くスタイル。
メインは、お肉、お魚、本日のお勧めよりチョイス。また、デザートもバイキングとなっていてそれぞれ頂きすぎかなぁーというほど、おいしく堪能いたしました。
ワインセレクトは、お客様で毎月こちらにお食事にいらしているIさん御推薦の白と赤を1本ずつ。
カルフォル二アのワインナリーにお出掛けになられる程詳しくワイン好きなIさん、
さすがにおいしい二本を選んでくださり全員大満足!
幸せなひとときでありました。

今回は、アンコールとのお声が多く聞かれた会となりました。
ここで、皆さまのおめしものをチラリとご紹介いたします。

Iさん
6月から9月までお召しいただけるしっかりとした絽紬。
地色は、クールな茄子紺。
背にIさんの大好きな月と星のしゃれ紋を涼しげに入れて。
無地のきものは、 帯あわせをたのしみたいもの。
本日は紅型染帯と、紫の小物で決まりです。

Oさん
夢のように美しい桶絞りに秋草柄の夏・絵羽織。
羽織の下には、ドット地紋に所々プラチナ箔を施したアイボリー色のきもの。
背紋は染帯とあわせたおもだか文様。
シックな柳茶地色の帯、翡翠色の背紋、裏柳色の草履のコーディネイトがお見事。
帯揚と帯締はグレーと白でスッキリと””

Nさん
サラリと、単衣時期には最適な本塩沢お召し。
一足早い蜻蛉柄の半襟が遊び心があってステキ!
変わり竪絽の染帯は、白地に藍とグレー濃淡で描かれた陶画更紗文様。
生成り色の中に赤ワイン色の小物をチラリときかせて!!

Fさん
変わり斜め格子・華やかなシャンパンカラーの無地紬に、
洒落袋帯で夏のセミフォーマルな装い。
白地に水色の、まるで星花をちりばめたような軽やかで出番の多そうな袋帯。
総刺繍撫子柄半襟、帯締、帯揚のブルーがアクセント!涼やかな印象が映えます。

Eさん
紅藤色を花織地に染め上げたロマンチックな単衣のきもの。
合わせた帯は、生紬地に大きな紫陽花をシルエットに絞り加工し、季節感タップリです。
帯揚は、絽ちりめんに水玉絞り柄できものと同色にまとめ、
帯締は、白いレース組でどこまでも可憐に”””
[PR]
by kimono_ogawaya | 2005-07-13 20:07 | イベントレポート