<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
単衣でお出掛け会 at ニューヨークグリル
d0037120_17121891.jpg
d0037120_17125150.jpg


d0037120_17165594.jpg
d0037120_1718277.jpg

d0037120_17193968.jpg
d0037120_17205955.jpg



d0037120_1333933.jpg
d0037120_1333369.jpg

d0037120_13342618.jpg
d0037120_1335185.jpg

d0037120_133618100.jpg
d0037120_13365366.jpg

d0037120_13382454.jpg
d0037120_1339122.jpg

d0037120_1340365.jpg

この時期は、毎年青空と新緑が目に鮮やかな、一番良い季節のはずなのですが、
今年はちょっと重い空が続いていますね。
この日のお出掛けも、お天気がとても心配でしたが、雨は朝のうちに上り、ひとまず安心。
とはいえ、このところのお天気に、皆さま雨コートと雨草履、傘で完全装備。



その雨の日用の装いも、バッチリコーディネイトされていて、何時にも増して壮観!
お天気に関わらず和の嗜みを満喫される当店のお客様方に脱帽です。

幸いにも、用意した傘を開くことなくパークハイアットホテルに到着。
皆さま、ホテルでは雨草履を晴れの日用の草履にお履き替え。
準備万全で52階のメインダイニングへ。

360度パノラマのダイニング・ニューヨークグリルからの眺望も雨の合間で霞にけぶり、
大人の休日の午後を演出しています。

お料理は前菜とデザートをブッフェから好きに選び、メインディッシュをメニューから選ぶスタイル。世界のお味が楽しめるという謳い文句通り、どの料理も美味しそうで、目移りしてしまいます。メインディッシュは、7種類もありましたが、「本日の鮮魚」と「ポークのグリル」に人気が分かれました。

さて、お飲み物ですが、ご参加のI様がニューヨークグリルの”顔”(前日の土曜日にもいらしていたそうです。)で、ホールのマネージャーから「お帰りなさい」と声を掛けて頂いていました。
そのI様推薦のカリフォルニアワイン(白)をオーダーしました。さすがに"通”のご選択。すばらしいワインと料理のマリアージュに皆さま大満足でした。

この日の装いは、皆さま全員、単衣。

I様
横段無地紬は、クールななす紺色。たて縞の半衿を大胆に合せて、モダンなイメージに。
さすがにニューヨークグリルの雰囲気によくマッチしたコーディネイト。
こだわりの背紋は、月と星の刺繍紋です。

U様
墨黒地にラベンダー色の大輪の花を絞った独創的な小紋。「こんなロマンチックで斬新な小紋は見たことがない」と、皆さまからも大絶賛!仕立て前には3パターン柄合せを作り、お選び頂いた甲斐があって、モダンで華やかな仕上がりになりました。

K様
グリーンのお召はこの季節にピッタリな爽やかな色合い。帯は、黒地に瑞々しくかわいらしいさくらんぼの柄で、さらに季節感を演出。帯締めにはビーズをあしらったりと、大人の遊び心を満喫された装いでした。

T様
オフホワイトの花織に、淡いクリーム地のすくいの帯がとても上品な装い。楊柳の帯揚げは青磁色で、どこまでも透明感を大切にしたコーディネイト。そんな中にも、草履の鼻緒にかたつむりのオブジェが・・・。この季節ならではの遊びが大好評でした。

E様
みんなが待ち望む五月晴れの空のように、鮮やかな蒼い紬。繊細な小さな水玉が、清々しさとかわいらしさを醸し出しています。きものと同系色の水色の帯、アクセントに黄色の帯揚げと帯締めが映え、可憐で鮮やか。自作のビーズの髪飾りと指輪も完璧にコーディネイトされています。

今回のお出掛けコーディネイトも大成功、大好評。ニューヨークグリルのしつらえに、皆さまのモダンなテイストの装いが映えて、本当にステキでした。
[PR]
by kimono_ogawaya | 2006-05-30 17:14
雑誌掲載情報
d0037120_1453984.jpg


↑「和楽」小学館 2006年 5月号より
  森田空美の新きもの流儀 初夏の装い

d0037120_1455433.jpg


↑「和楽」小学館 2006年 6月号より
  森田空美の、新きもの流儀 第2回
  雨の日こそ、きもの美人に
[PR]
by kimono_ogawaya | 2006-05-26 14:07 | パブリシティ
文楽鑑賞会
d0037120_1845092.jpg
d0037120_14544392.jpg



日曜日、心配した雨は朝のうちにやみ、ひと安心。さて今日は、久しぶりの文楽です。涼しかったため、単衣を着る予定を急遽、袷に変更なさった方もいらっしゃいました。例年、この時期は単衣がちょうどよいのですが、今年はどうしたことか・・・。

本日の演目は、寿柱立万歳、ひらかな盛衰記、艶容女舞衣、契情倭荘子。三味線の鶴澤燕三の襲名披露があり、華やかな舞台も楽しめました。文楽の醍醐味のひとつは、浄瑠璃と人形芝居が一体になった独特の様式美。浪々と一人で何役も語り分ける太夫と、それを際立たせる太棹の三味線の音。舞台には命が宿った三人遣いの人形。目がいったりきたりしてしまいます。それにしてもなんと贅沢な日本の伝統芸能。個人的には、鶴澤寛治の三味線に心うたれました。芯のある凛とした音。一門の見事にそろった演奏。名人です。

さてさて、当店のお客様のきもの姿をご覧ください。おひとりおひとりテーマをもったコーディネイトをなさっています。きものと帯のハーモニー、そしてポイントとなる半衿、帯締め、帯揚げ、ぞうり、バッグにいたるまで、手を抜きませんね。すばらしい!!頭が下がります。そして、ご自分で着ることも含め、そのプロセスをとても楽しんでいらっしゃいます。すてきですね。次回も一緒におでかけしましょうね。
[PR]
by kimono_ogawaya | 2006-05-19 19:27 | イベントレポート