<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
雅な衣展 at 二木屋
d0037120_17375655.jpg

d0037120_17382314.jpg

d0037120_17393295.jpg









桜の開花にはすこし早い頃。
当店でも度々ご利用させていただいております、地元の日本料理の名店「二木屋」さん。
この度、戦前の名建築「朝倉家」を移築する大プロジェクトが完成し、小林オーナーのご好意により、オープンに先駆けて、おがわ屋の個展「雅な衣展」を開催する運びとなりました。
今回のコンセプトは、当店のまた違った一面「華やかな友禅染のきもの」を中心にご覧頂こうというもの。


d0037120_17554435.jpg

d0037120_17555953.jpg







この時季は、二木屋さんの室礼が雛一色になります。それはそれは華やか。
庭の池には、流し雛が浮かび、風情があります。



d0037120_14181170.jpg

d0037120_14345496.jpg

d0037120_14183934.jpg










d0037120_14351159.jpg


室内はこんな雰囲気です。柱や壁などに力があるので、
雅やかなきものが映えます。
この日のために、染め上げたきものが生き生きと輝いて見えます。
振袖 留袖 色留袖 訪問着 付下げ 袋帯-。
普段当店ではなかなかディスプレイしないこともあり、お客様の評判も上々。
二木屋さんでお食事を終えた方もお見えになり、賑やかな会になりました。
お忙しい中、お越しくださいました皆様、会場を快くお貸しくださった二木屋の小林オーナー、
そしてスタッフの皆様、ありがとうございました。
[PR]
by kimono_ogawaya | 2007-03-26 18:58
第1回 和を探求する会
当店の新たな試み「和を探求する会」。記念すべき第1回を開催いたしました。
「探求」といっても大袈裟なことではなく、”きものをいかに楽しんで着るか”をテーマに、
気軽にきものを着て、日本の伝統文化や芸能などと遊ぶのが目的です。


d0037120_1428598.jpg

d0037120_14293113.jpg

d0037120_16372275.jpg







今回はうなぎと落語をお楽しみいただきました。
会場は、度々お世話になっているうなぎ茶屋「まんまる」さんです。
こちらの社長は、うなぎ博士といってもいいほどの知識の持ち主。
美味しいうなぎ創作料理をいただきながら、うなぎにまつわる様ざまな興味深い話を伺いました。川魚の卸業を営む会社が出したお店なので、普通では食べられない、生の肝やあらいも
いただきました。う~ん、おいしかった!

そして、今日は特別に、ビッグなゲストにいらしていただいたのです。
お名前はひかえさせていただきますが、いつもきものをお召しくださり、
日本の文化、民俗にも大変造詣が深い方です。
大変お忙しい中、仕事の合間に時間を割いてご参加くださいました。
「日本人がきものを着ることは、あたりまえなこと。むしろ自分の国の衣装を着ていないのは
日本くらいではないか。ぜひきものを着ましょう。」といった主旨をお話し下さいました。
きもの屋として、こんなに心強い言葉はございません。有難うございました。




d0037120_161754100.jpg

d0037120_1618955.jpg

d0037120_16381037.jpg








そして、いつもは女性ばかりなのですが、店主が力をいれております「男のきもの」
を誂えて頂いた男性も参加。なかにはご夫妻そろってきもの姿の方もいらして、
嬉しいかぎりです。せっかくですので、皆様のきものとコーディネイトをご紹介させて
頂きました。男のきものも、帯や裏地、羽織紐など、いろいろと工夫をして、
ご自身の個性を生かして、お洒落に楽しめるものです。男性もぜひきものをお召しください!

最後は、落語家瀧川鯉橋氏に登場いただきました。
きものを着たときの所作などをおもしろく話した後、十八番であります
「ときそば」を熱演!!大笑いさせていただきました。

大勢の方にご参加いただいた「和を探求する会」。お忙しい中、皆様ありがとうございました。
次回もどうぞお楽しみに!
[PR]
by kimono_ogawaya | 2007-03-02 14:48