<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 ワインの会 vol.27
d0037120_14181294.jpg
秋が終わりを告げる頃・・・
きものワイン
奥深さを楽しめる季節ですね~。


今回のワイン会はボジョレー解禁直後ということもあり、
ワイン好きにはまさにお祭り気分!!そしてさらに!もっと!堪能したいところ・・・

きっと本日ご出席の皆さまの想いも一緒!に違いない!と勝手に想いを巡らしつつ・・・
どうでしょう~?今日セレクト致しましたワインです・・・

MICHEL TURGY Blanc de Blancs
2002 Meursault-Perrieres
1997 Gevrey Chambertin Lavaux St.Jacques
1995 Chateau Montrose
1989 Alsace Selection de Grains Noble Riesling


そうなんです・・セラーの中でいい感じに時を待っておりました、
この時を!
ご覧ください!そろそろ開けどき!?!な感じですよね~!!
さぁ~!皆さま、蔵出しワイン!いただきましょう~~~



すっかり定着致しました、長羽織。でもこんなにムードのある羽織姿にはなかなか
お目にかかれませんよね~ご来店されるやいなや、話題の的!!
秋のふぉんわかムードで、ぐぐっと魅せられました。


d0037120_14191751.jpgd0037120_14192744.jpg







最近は羽尺というものが影を潜め、一般的に着尺で羽織を作ります。
というのも現代では皆さまの体格がよくなり、おまけに丈をたっぷりと長めにとるため
羽尺では足らないのです。そのほうがよりスッキリと背を高く見せてくれますよ。
その昔、贅沢にきものを着ていた時代は物凄く長い丈が流行!し、
反対に短い、昭和には2尺羽織という腰がやっと隠れる長さが流行しました。
時代とともにきものの世界もゆっくりと大きく流行があるんですね。

そうすると、身丈との絶妙なバランス・寸法が大切になり、
羽織に向く生地はもちろん色・柄選び、羽裏地のチョイスと楽しみは尽きません!!
肩から背中へお太鼓から裾まで、ストン落ちるラインの美しさ・・
羽織はコートと違い、前の帯まわりがバッチリと見えます。
そうなんです!お洒落さんには、拘りの帯・小物のコーディネートを見せたいところですよね=
羽織紐もとても目立つところ!!帯締め・帯揚げを変えるように、
当然 羽織紐のコーディネイトにも拘りたいですね。

そして着尺ですと ご体型・羽織のお好みの長さによっては生地が残ります。
その残布でまた何を作るか、知恵の見せ所!というわけです。
ちなみに大人ムードの菊柄の方は、生地を足して名古屋帯を、
軽やかなドット柄の方はトートバックのご注文を頂きました。

d0037120_14201449.jpg
d0037120_14204034.jpg
d0037120_14205774.jpg





d0037120_14255025.jpg
d0037120_14261257.jpg
d0037120_1426305.jpg



今回は、スペシャルワインの蔵出し>ということで、困ったのはお料理です。
早速ソムリエにご相談を・・・
で、こんな感じでお許しを頂きたく・・!ハモン・イベリコのブルスケッタから始まり~
きのこのマリネ~田崎真也さんのレシピより豆腐の赤みそ煮・赤ワイン風味。
肉のわたなべのおやじさん一押し和牛!を赤ワインでこってり煮こんでみました・・・とまぁ~お料理はこんなところで・・・

期待は、Oさまご持参のスペシャルチーズがまた素晴らしくって、感激でした。
サン マルスフラン ドーフィノワ・ロックフォール 今回初登場は清水牧場さんののチーズと
のチーズ・ヨーグルトにグリーントマトジャム・そしてメンブリーヨまで!!
それぞれにステキなマリアージュで、ワインも進みお陰さまで贅沢なワイン会になりました。


d0037120_14271835.jpgd0037120_14273171.jpgそして本日のメイン!ゲストの皆さまの
お衣装を拝見!
こちらは久米島の無地紬、光沢があって紬といえどもゴージャスな雰囲気です。
こんな夜のお集まりには持って来い!!大きな八つ手の葉が大胆に遊び心を擽ります。
綺麗な色の小物使いはなかなか憎い!技ありコーディネイトです。


d0037120_1428345.jpgd0037120_14281760.jpgいただきものとおっしゃる無地紬。
お気に入り
!のクラシカルな染帯をあわせれば、自分らしい装いに落ち着きました。
小物もワントーンに抑えることで、渋めな地色はしっくりと、かえって華やいで見えます。
次なる課題はお洒落紋をいれること!
さぁ~どんな紋にしようかな~!!



d0037120_14292996.jpgd0037120_14294919.jpgd0037120_1430513.jpg






お洒落紋!入れちゃいました!!誰が袖に春秋模様を散らしたオリジナル紋
きものの地色に合わせお好きな色糸でアレンジ!とってもステキ!と大好評。
さり気なく~洒落た更紗の紬地染帯で着なれた装いになりました。
仕上げは、観世帯締めの柿色で<紅葉狩り>・・・


d0037120_14304947.jpgd0037120_1431611.jpg寒い季節ならではの、シボの高いタ~ップリとした縮緬地。
上手に着こなすのは難しく、流石
上級者
ならではのお見事な装い。
大唐草がモダンに染められた小紋はとてもリッチな雰囲気です。
合わせた<浦野理一>染帯は、これまた迫力のある美しさ。



d0037120_14342436.jpg今日の気分を、きらきら銀通しの帯揚げで表してみました。
モダン柄の小紋は遊びを入れてパーティー仕様に。

そして、打ち合わせをしたわけでもないのに、
小紋チームマスタードイエローの感じで仲良し姉妹!!

対する紬チームは、無地紬3姉妹!!
色のトーンが絶妙で何だかとってもハッピーな気分!!


d0037120_14405099.jpgd0037120_1441332.jpg



 



 今宵は、
   優雅なワインの香りに包まれて、
     スペシャル尽しの幸せな一夜と相成りました。
 >御礼。。。     
[PR]
by Kimono_ogawaya | 2010-11-20 14:16
和楽掲載中!!
d0037120_1344057.jpg




和楽12月号掲載中です。
是非ご覧ください!!

森田空美のきもの着映え術/ 
ドレスアップきものは
  ‘光沢&ホワイト‘効果で華やぐ
    P198~202





装うその人がシックに引立つ、お洒落術!
お洒落着を帯合わせしだいでドレスアップ!!
装い全体のボリュームアップに欠かせない、小物使い!!
などなど、即実行できそうなノウハウが満載です。

d0037120_14152545.jpgd0037120_14154293.jpg








d0037120_14162681.jpgd0037120_1416397.jpg








d0037120_14172669.jpgd0037120_14173651.jpg














d0037120_14194331.jpg
d0037120_1419563.jpg
d0037120_1420936.jpg
[PR]
by Kimono_ogawaya | 2010-11-19 14:03
織物源流展はじまりました。
11月5日(金)~13日(土)

d0037120_1401893.jpgd0037120_14035100.jpg

昔からほとんど変わらない、手を掛けた工程で作られた織物
  手引きの紬糸
  絣くくり
  草木を用いた糸染め
  地機や高機による手織

―それぞれ仕事は異なりますが、手間を惜しまずに織られた
風合い豊かな、産地や作家の個性が感じられる紬をご紹介しております。

手仕事の真髄>をご覧頂きたいと存じます。
ご来店をお待ち申し上げております。


d0037120_14192.jpgd0037120_1412444.jpg
d0037120_142613.jpg

d0037120_1423331.jpgd0037120_1425122.jpg


 



 紬にあわせた カジュアル染帯・新作小物・
   紬の装いを彩る 羽織・コート
    新作ショール など・・同時発表致しております。



男のきもの展  同時開催  27日(土)まで
[PR]
by Kimono_ogawaya | 2010-11-05 14:03
❀❀ 野の花の先生ご来店 ❀❀
d0037120_13231545.jpgどっさりと、無造作に・・大きな花束を抱えて
ニコニコと野の花の先生はいらっしゃいます。

そして先生をホッタラカしで、
私は水屋で早速生け込みにかかります・・・
ひと時自分が野原の中に迷いこんだ感じ・・・

如何でしょう~?
取り合えず備前の中に納まりました・・・


d0037120_13234852.jpg
d0037120_1324118.jpg
d0037120_13241667.jpg

布❀のようなスモーキーな葉に小さな濃いピンクの蕾は、中川菊。
秋丁子、雁がね草、やぶたて、トリカブト・・・
壇紅梅の照葉に映えること・・・綺麗ですね~

野の花を囲んで、何だかそ~っとヒソヒソ話をしたくなる・・・
自然の恵みに想いをはせながら・・・
ほっとひと時、ほっこりタイム。

野の花の先生!ありがとうございました。
[PR]
by Kimono_ogawaya | 2010-11-04 13:20