ワインの会 Vol.9
d0037120_13532370.jpg
10月22日、秋のワインの会を開催いたしました。
皆様のおきもの姿は、すっかり秋の風情。テーマもふさわしく「自然派のワイン特集」としました。
料理は有機野菜をたっぷり使ったナチュラルなメニュー。もちろん、おがわ屋特製です。ワインは、ブルゴーニュのクレマンからスタート。



d0037120_1422018.jpg
まずは、イチジクのベーコン巻き 黒胡椒風味を召し上がっていただきました。


d0037120_14252236.jpg





次は、お土産に頂いたからすみをつかったパスタ。イタリア北部、Silvaner種の白をあわせました。


この後、温野菜のスティック ドライトマトのペースト、子羊とレッドアンデスのビール煮、かぼちゃのポタージュと続き、ワインは、赤へ。フレデリック・コサールやティエリー・ピュズラを楽しみ、Nさまからのお土産、ニューヨーク、ロングアイランドのワイナリー LENZのメルローをいただきました。ぶどうの特徴が良く出ている、深みがあり、おいしいワインでした。
また、毎回Oさまが持ってきてくださるチーズは、今回はヨークシャー地方のもの。オーク・ウェンズリーデイル、セイジ・ダービー、ヨークシャー・ブルーそれにローズマリーのクラッカー。普段口にできない、貴重なそして美味なチーズでした。 感謝。


d0037120_15265664.jpg
さてここで恒例の「お衣装紹介」です。
Oさま 飛び柄、絞りの小紋に、鬼しぼちりめんの染帯は、大人のメルヘンがぎっしりとつまったなんともノスタルジックな一本。物語がいくつもできそうな柄を眺めながら会話もはずみます。
本日のコーディネイトは、ターコイズ色の太めの無地の帯締。絞りで染分けた凝った柄の帯揚はこれもターコイズで決めたこだわりの脇役たち。薄いピンクに立涌の地紋の半衿がお顔映りも美しく、「すてきーっ」のため息が・・・・。



d0037120_18211287.jpg 
Kさま ベージュ地にグレーの格子がモダンな本塩沢に、ワイン色のイカットの帯。同色の矢羽の半衿に、ベージュにたて縞柄の帯揚。ポイントカラーを上手に組み合わせるテクニックはおみごと!ピンクとグレーの小格子のきもの衿コートも素敵にデビュー。はっきりしないお天気に明るいトーンのきものは、清々しいと大好評でした。




d0037120_1853160.jpg
Tさま 黒地、重目のちりめん地にえんじ色のまりが映える小紋。裾回しも黒の小花柄をさりげなくあしらってとてもお洒落。上品なクリーム色のすくい織名古屋帯に、ベストカラー、アップルグリーンの帯締がアクセントに。濃地のきものがとても新鮮で、好感度抜群なTさまでした。






d0037120_19282366.jpg
Nさま ワインの会にあわせたボルドー色のおきものに大胆な配色、花柄の染帯。
いつもの大きな文庫結びを、今日はきりりとお太鼓にしめ、大人のムード。
絞りの半衿は、やわらかいオレンジでふんわりと。帯揚はきものの色をとった、アイボリーにボルドーのドット柄。マットグリーンの帯締めがポイントになり、遊び心たっぷりでした。


秋の夜長、いつまでも笑い声の絶えぬ、ビストロ おがわ屋でした。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-10-24 15:35
初秋のきものパーティー

きもの おがわ屋 移転2周年記念 「初秋のきものパーティー」
d0037120_14594073.jpg 
今年は、クラリネットとファゴットのデュオコンサートとイタリア料理をお楽しみいただきました。
天気にも恵まれ、皆様もちろんおきものでご来店。むずかしい単衣の季節を、上手にコーディネイトしていらっしゃいました。
コンサートは、すぐ目の前で演奏していただき、息づかいまで聴き取れるほどの緊張感。バッハ、クレメンティ、などおなじみの曲から、プーランクのクラリネットとファゴットのためのソナタまで、楽しいお話をはさんでの時間はあっというまでした。


d0037120_14483495.jpg
さて、コンサートが終わり、おまちかねイタリアンのパーティータイム。今回は、イタリア料理教室イル ポンテ主宰 福島千賀さんに出張していただきました。福島さんは、イタリア マルケ州の1つ星レストラン、ヴィラ アマーリアで働いていた経験をお持ちです。そちらのスペシャリテを中心にメニューを組んでいただきました。
アンコーナ風オリーブの詰め物、タルト生地に包まれた玉ねぎの詰め物、スズキのトルテローニ、ジャガイモとアサリのサラダマスタード風味、オリーブクッキー、そしてパイナップルとリコッタチーズのタルト、コーヒー風味のヘーゼルナッツのタルト。なんと豪華なメニューでしょう!皆様、大満足のご様子。

d0037120_14532253.jpg
d0037120_13274932.jpg
ここで、本日のお客様のおきものをちらっとご紹介させていただきます。
Oさま、 
草木ローケツ染の更紗文様の付下げに同じ作家の染帯を合わせ、トータルバランスのよい、お洒落なコーディネイト。所々ににぶい赤紫系のピンクが効いて、小物使いもお見事。   
 
d0037120_13411215.jpg
kさま、
白地に黄色や水色の水玉柄を染付けた駒絽地の上に、変わり織の紗地・グレーに白の蛍ボカシを重ね合わせた、ナント贅沢な、紗合わせ小紋。
帯は、パーティらしく袋帯で華やかさもプラス。


沢山のお客様をお迎えして、おきものでご一緒できましたことは、
最高の喜びとなりました。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-09-16 16:02 | イベントレポート
夕涼みの会 8月20日
d0037120_1833724.jpg
夏の終わりを惜しむからでしょうか。この時期の夕暮れはなぜかワクワク楽しみたくなってしまいますよね。
PM.5:00-店内は残暑を忘れてゆかたでくつろいで頂けるように夕涼みの演出を。窓のすだれには和紙とリボンで特製のちょうちんを手作り。庭の玉砂利に縁台を置き、縁側にはござを敷いて、ムードたっぷりに。今日のこの会ではゆかたの女王を決めるコンテストを開催。皆様のゆかたの着こなしはもちろん上級編。それぞれのこだわりと品の良い美しさが夏の宵に華やぎをそえます。まずは乾杯。やっぱり夏はキリッと冷えたビールですよね。空が暗く染まるのを待ちながら少し早めに花火遊び。ゆかた姿に線香花火はどうしてこんなに絵になるのでしょう。PM.7:00からは二次会ということで、氷川参道入り口の「うなぎ茶屋 まんまる」さんへ移動。特別メニューを頼んでいましたので、社長さんより楽しいうなぎの薀蓄を伺いながらの食事です。うなぎの刺身、肝から始まり、直焼きに天然ものと至福のときが過ぎてゆきます。さてお腹も満足したところで、「ゆかたの女王」と「おみごと賞」の発表です。
 ここで、本日のゆかた美女たちのご紹介をさせていただきます。

d0037120_17303097.jpg

Oさん 秋の訪れを感じさせるような立涌にとんぼ柄のローケツ染ゆかた。諸紙布の八寸帯を粋な小町結びにして、帯揚のブルーと藍染の籠をアクセントにトンボ玉が涼やかでオシャレ。
なんと長襦袢もトンボ柄。ゆかたと同系の麻半衿に白木の芳町下駄で大人の上級者の装い。

Iさん 綿麻素材のシャッキリした、涼やかなゆかた。大きな麻の葉を大胆に匹田ぼかしに染め上げたモノトーンの装いがステキです。大好きな紫の板締め絞りの半巾帯を小粋に結び、帯締、帯揚も紫系でシックにコーディネイト。

Yさん おがわ屋和裁教室で、ご自身で縫われたお気に入りのゆかた。綿絽素材、涼しげな緑の濃淡うちわ柄。やはりお手製の半襦袢に麻の半衿をつけ、麻足袋で夏のきもの風に。帯は珍しい板締め絞りの兵児帯でとっても個性的です。

d0037120_1832128.jpg
Uさん テーマはキラキラ。アンティークガラスを細工したかんざしを帯飾りに、スッキリ結い上げたアップスタイルにも髪飾りがキラキラ。黒地に小菊柄のゆかたが晩夏をイメージさせる装いで。さすがに着慣れた雰囲気でステキ。

Wさん 白地のコーマ地に立涌と花火にも見えるような大輪の菊がレトロクラシックなムード。下駄も古布菊柄の鼻緒。こだわりのコーディネイトで可憐な装い。ショートヘアを上手にアップにして、どこまでも清楚なイメージで。

Eさん テーマはプリティ ラブリーなゆかた姿。甘いピンクと白の総絞りで朝顔姫の出来上がり!!半巾帯は綿素材・ピンク地に花柄の型染めでオシャレに決めて、愛らしく好感度バツグンの装い。ホント、プリティ ラブリー”””参りました。
d0037120_1848589.jpg

そして、夜はふけてゆきました。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-08-24 19:33
地元グルメの会 シャンソニエ
d0037120_11502965.jpg
恒例となりました地元グルメの会。
今回は与野公園前にある白いシャトーの様な佇まいの、レストラン シャンソニエさんにお出掛け致しました。店内はヨーロッパのアンティーク調に統一され、エントランスを入るとグランドピアノがお出迎え。お料理は、正統派フレンチならではの豊かな色彩と上品な味で、おすすめです。  皆様、夏のドレスアップの装おいでゴージャスな雰囲気でのお食事会となりました。
 ちょうど、お誕生日の方がいらして、Happy Birthdayの曲とキャンドルつきのデザートサービスをして頂き、なごやかな、とても楽しい会となりました。


d0037120_12404795.jpg
ここでお客様の「本日のお衣装」のご紹介。

Yさま 舛花色の紗紬地は、ホタルぼかしでとても涼しげ。帯はざっくりとした絽紬地にうっすら山吹ぼかしの秋草が横段に描かれ、やさしい雰囲気にまとまった装いです。
 きちんと計算された、美しい小物づかいも素敵です。
d0037120_12512274.jpg
Kさま たっぷりと萩の柄を総刺繍した半衿がお顔に映えてゴージャス。さらに絽の小紋、帯まで萩づくしのパーフェクトなコーディネイト。 全体をピンクベージュでまとめられた美しいおきもの姿には、ウットリ”””でした。


d0037120_12583654.jpg
Uさま 今日のテーマは、<黒革の手帳>!!! お髪からきもの・帯・お草履まで素晴らしいこだわり。シャリ感のある紗紬地のきものは濃茶地にベージュの水玉が飛んでいてとってもおしゃれ。帯は珍しく、きれいな瓶覗き色地。羅のような変わり織の生地に大きな唐草柄が大胆に描かれ魅せられます。


d0037120_2326381.jpg
Nさま ちょっぴりレトロな雰囲気で、ピンクとグレイの配色がかわいい桃柄の絽小紋。たっぷりとした蘇芳ピンク色の麻の広幅兵児帯を大きな花金魚結びにしてとにかく個性的。まわりの方も楽しい気分!!!



d0037120_23274766.jpg
Mさま 竪絽地を別注で染め上げた黒地の絵羽織。かえでの配色を浅葱色・ひわ茶色・雀茶色・白茶色の夏色でまとめ風の音が聞こえてきそうです。合わせられた白地に波柄の絽小紋には、クールな雪の結晶柄の染帯がスッキリとキレイです。


d0037120_13382985.jpg
ディナーのメニューを少しご紹介いたしましょう。こちらは帆立やエビなど魚貝をコンソメゼリーで固めた「ビックリ玉子」




d0037120_13434065.jpg
冷製とうもろこしのスープ。器がとても涼しげ。このあと、メインの鯛のミルフィーユ仕立て、子羊と続き、デザートまでたっぷり頂き、大満足。


d0037120_1355102.jpg
皆できものを着て、夏の夕べのひとときを満喫いたしました。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-07-27 17:59
ワインの会 Vol.8  2005.7.9
d0037120_20102737.jpg店主の趣味が高じて始まったワインの会も、数えれば8回目。
きもの屋ですので、皆さまもちろんきものでご来店です。
雨模様の夕方、きものを着て出かけるには、少々抵抗がある方もいらっしゃるでしょうが、当店のお客様はへっちゃらです。
なぜなら、日ごろからどんな天気でもお出かけできるよう準備を万全になさっていらっしゃるからです。
雨ぞうりに雨コート、替え足袋があれば大丈夫。



d0037120_20103752.jpg紫陽花柄を藍の濃淡に染めた綿絽のゆかたに、紺色、麻名古屋帯のUさん。
帯止めはガラスで創られた金魚の模様でとても涼しげ。

一見お召にみえる平絽江戸小紋は、唐桟縞柄。縞の配色は、目にも鮮やかな瑠璃色に花葉色。帯は、渡名喜はるみ作(花稲妻)琉球本紅型名古屋帯のOさん。
帯締めは花柄レースの丸組。帯揚は絽の黒できまり。

花浅葱色に梅鉢唐草模様を白く染め抜いた絹紅梅のきものに、ワイン色の麻兵児帯を花金魚結びに。半襟、帯締、帯揚をワイン色のグラデーションにまとめたNさん。

生成り色、麻地蚊絣のきものに、白地に紫色の板締め絞りを施した、綿素材半巾帯のIさん。
半巾帯をお太鼓風に締めて、大好きな紫色の帯揚げがアクセント。

本塩沢の単衣きものに、先染めして織った八寸名古屋帯のMさん。
生成り色に黒の絣というすっきりとしたきものに、大胆な配色の抽象柄の帯が映えます。

皆さま、ご自身の個性を生かされて、上級者のコーディネイトです。

d0037120_2011669.jpgこの時期なので、今回は白ワイン特集です。
初めは、自然派の作り手のペティヤンから。
のどの渇きを潤すには最高の一杯でしたね。


d0037120_20111634.jpgそして、お客様が持ってきて下さった本日のゲストは木戸泉 古酒五曲。
1年から20年ものまでの五つの年代が楽しめるセットです。
透き通った1年ものから琥珀色の20年ものまで並べるととても綺麗。
香りも味わいもそれぞれ違って、これは貴重な体験でした。


そのあとも、フランスのシャルドネ、アルザスのトカイ・ピノ・グリ、イタリアはフリウリの白と続き、最後は、デザートとソーテルヌ。
この時間だけは、当店が「レストラン おがわ屋」と化します。
手作りの料理やお客様が持ってきて下さったチーズをワインと一緒に楽しみます。
話もはずむ、弾む、はずむ。
きものの話、演劇、絵画、食べ物などなど話題はつきません。
ふと気がつくともうPM.11!
楽しいひとときはあっというまに流れてゆきます。

いつも、おがわ屋ワインの会はこんなふうに過ぎてゆきます。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-07-13 20:08 | イベントレポート
6月26 日(日) きものdeお出掛けランチ/ニューヨークグリル
d0037120_2032379.jpg 今回は、パークハイアットのメインダイニングニューヨークグリルにお出掛けしました。
6月最後 の週末、お天気にも恵まれ、皆様素敵な単衣のお着物姿でのお食事会となりました。
ランチの内容は、グラスシャンパンで乾杯。前菜は、バイキングで好きなものを頂くスタイル。
メインは、お肉、お魚、本日のお勧めよりチョイス。また、デザートもバイキングとなっていてそれぞれ頂きすぎかなぁーというほど、おいしく堪能いたしました。
ワインセレクトは、お客様で毎月こちらにお食事にいらしているIさん御推薦の白と赤を1本ずつ。
カルフォル二アのワインナリーにお出掛けになられる程詳しくワイン好きなIさん、
さすがにおいしい二本を選んでくださり全員大満足!
幸せなひとときでありました。

今回は、アンコールとのお声が多く聞かれた会となりました。
ここで、皆さまのおめしものをチラリとご紹介いたします。

Iさん
6月から9月までお召しいただけるしっかりとした絽紬。
地色は、クールな茄子紺。
背にIさんの大好きな月と星のしゃれ紋を涼しげに入れて。
無地のきものは、 帯あわせをたのしみたいもの。
本日は紅型染帯と、紫の小物で決まりです。

Oさん
夢のように美しい桶絞りに秋草柄の夏・絵羽織。
羽織の下には、ドット地紋に所々プラチナ箔を施したアイボリー色のきもの。
背紋は染帯とあわせたおもだか文様。
シックな柳茶地色の帯、翡翠色の背紋、裏柳色の草履のコーディネイトがお見事。
帯揚と帯締はグレーと白でスッキリと””

Nさん
サラリと、単衣時期には最適な本塩沢お召し。
一足早い蜻蛉柄の半襟が遊び心があってステキ!
変わり竪絽の染帯は、白地に藍とグレー濃淡で描かれた陶画更紗文様。
生成り色の中に赤ワイン色の小物をチラリときかせて!!

Fさん
変わり斜め格子・華やかなシャンパンカラーの無地紬に、
洒落袋帯で夏のセミフォーマルな装い。
白地に水色の、まるで星花をちりばめたような軽やかで出番の多そうな袋帯。
総刺繍撫子柄半襟、帯締、帯揚のブルーがアクセント!涼やかな印象が映えます。

Eさん
紅藤色を花織地に染め上げたロマンチックな単衣のきもの。
合わせた帯は、生紬地に大きな紫陽花をシルエットに絞り加工し、季節感タップリです。
帯揚は、絽ちりめんに水玉絞り柄できものと同色にまとめ、
帯締は、白いレース組でどこまでも可憐に”””
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-07-13 20:07 | イベントレポート
梅雨晴れの日
梅雨の晴れ間。
単衣を着てお出かけするには気持ちの良い日になりそう。
夏の日差しが感じられる今日のような日は、ゆかたや薄物選びにぴったりです。
先日、半巾帯と麻の帯をお求め頂いたお二人様、帯結びのお稽古にいらっしゃいました。
お仕事前で、洋服姿ですが、個性を大切にしたとてもおしゃれな装いです。
短い時間に、大人に似合う半巾帯結びを完成させ、大満足のご様子!!
秋の半巾帯のご注文をいただきました。
お稽古を終えて、日本茶に番傘のお干菓子と柚子のゼリーでほっと一息していただきました。
その後、結城ちぢみに合わせる小物を-とオーダーを頂きました。
本日は、帯揚げがオレンジ、帯締めをペパーミント色で明るく、さわやかに表現することに決まりました。
その他おすすめは、白にエンジの絞り、グレーに藍の絞りなどの候補が上がり、
トンボ玉と帯揚とのコーディネイトをしてみたりと楽しいひとときでありました。
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-06-18 17:31 | おがわ屋日記
雑誌掲載情報
d0037120_16364832.jpg


↑「和楽」小学館 2004年 9月号より P.158〜160
  中野みどりの紬特集





d0037120_1221717.jpg


↑「和楽」小学館 2005年 6月号より





d0037120_2095443.jpg


↑「森田空美の知的きもの入門」小学館より





d0037120_2011456.jpg


↑「きものサロン」世界文化社より



          今後の掲載予定

           きものサロン 夏号     世界文化社
           和楽 8月号       小学館 
           七緒 夏号        プレジデント社
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-05-08 16:41 | パブリシティ
おがわ屋 イベントスケジュール



::::::::::::::::: 9月 :::::::::::::::::

■ 9/19(月) 祝日
「文楽」鑑賞会 要予約
[PR]
# by kimono_ogawaya | 2005-04-28 14:41 | イベントスケジュール